失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

失敗を恐れる理由を探る!フリーエンジニアにとって失敗とは?

日本のエンジニアはなぜ失敗を恐れるのか

エンジニアという仕事は、クライアントとの信頼関係で結びついていて、予期せぬミスなどの失敗を恐れるエンジニアも少なくないのです。人生において、生きている限りは決して"完璧"という2文字はありえないという事を意識しましょう。仕事で万が一ミスをした場合も、成功へ導くための種としてポジティブな考えを持って、リスクを恐れずに再度挑戦する事が大切です。

Pocket
LINEで送る

失敗は成功への種として許される言葉である

フリーエンジニアの仕事で失敗した場合、確かにクライアントとの関係は失ってしまいます。しかし、失敗を一度もしないで、生涯においてエンジニアとして完璧な仕事をして退職を迎えている人は決していないはずです。
日本では、昔からの伝統で失敗をしたら許されないという風潮があり、現在もその風潮が流れています。例えば、就職活動で何度も会社の採用試験を受けたが、結果的に1社も採用に至らないで、失敗をした事にネガティブな感情を抱く人もいます。不採用の積み重ねで命に係わったり、改善策を見出せないで、結果的に成功に導く事が難しくなる状況に陥る学生も最近は多くなっています。生涯において成功ばかりの人生は有り得ず、誰もが必ずどこかで失敗を経験します。これまで生きてきた人生の中で、過去の失敗シーンを思い出した時、それまでとは別の方法で対処し成功に導けたという経験者も多いです。
積極的に様々な物事に挑戦した人は、多くの失敗を積み重ねながら成功を収めるための努力をしている傾向にあります。多くの失敗によって、上手く出来なかった原因を何度も追求する事で、成功に導きやすくなります。多くの失敗の経験を次に生かして成功に導くために、様々な物事に何度も挑戦する心掛けが大事です。
重要な事は、上手く行かなかった原因をしっかりと見つめなおす事です。成功に導くための解決策がなければ、結果的に同じミスの繰り返しになってしまいます。

過去の結果に執着しない事が大切である

本当の失敗は、過去の結果にいつまでも執着している事です。例えば、就職活動で不採用が続いた場合に、不採用という結果だけが頭に残り、成功するための方法を見つける意思がない事が長期的な目線に立った場合の典型的な失敗パターンです。今までのエンジニアなどの仕事において、自分の経験や考えだけに執着をしている場合は、何らかの予想していない事態が起こった時に対処ができなくなる傾向があります。
従って、成功を収めるためには他人の意見を素直に受け入れて、ある程度の失敗を受け入れながら自分の進化をして行く事が重要です。物事や将来をポジティブに考え、他の人からの意見を素直に受け入れ、何事でも挑戦する意思を持てば失敗を恐れずに済むようになります。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.