失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

フリーエンジニアの失敗例から見る、独立失敗の共通点

失敗するフリーエンジニアの共通点

晴れて独立したものの、失敗するフリーエンジニアの典型的な例として、クライアントやコーディネーターと長期間にわたってコミュニケーションがとれないということが多いようです。また、長期的に安定した案件を受け持つ事ができずに、結果的に再就職を目指してしまうフリーエンジニアも存在します。

Pocket
LINEで送る

フリーエンジニアとして失敗する要因とは

フリーランスとしてエンジニアの仕事を行う場合に、10年も続けられる人は独立した人の1割に過ぎないという統計が出ています。殆どのフリーエンジニアが、生涯に渡ってフリーとして働けずに、途中で諦めて再就職をしていると見受けられます。
フリーエンジニアの仕事を諦める人は、将来的な理想の目的と現実の状況が合わない場合が多いです。自由な時間が欲しいという事がフリーランスになる目的であったとしても、実際にフリーとして仕事をしてみると、長時間労働の連続で自分が思っている理想とかけ離れていると感じてしまいます。結果的に不満が多くなり、フリーエンジニアとしての失敗になる要因となってしまいます。
収入面での理想のかけ離れがあったり、フリーエンジニア本人がクライアントやコーディネーターとコミュニケーションが取れないなどの要因もあります。また、仕事が無くなるなどの精神的なプレッシャーに耐えられなかったり、フリーランスが必ずやらなければならない事の一つである確定申告などの手続きが面倒である点も挙げられます。

フリーエンジニアとして失敗する2つのポイント

フリーランスとして独立した殆どのエンジニアは、フリーエンジニア向けのエージェントサービスを受けることが一般的です。そこでは、仕事を円滑に行いやすくするために、希望する仕事の条件やアピールする点などをしっかり伝える必要があります。
1つ目の失敗のポイントとして、情報を伝えるコミュニケーション能力がなければ、参画する企業との仕事のマッチングが出来ないので、希望条件に合致する開発の案件が絞れないという事です。2つ目の失敗のポイントは、仕事が無くなるという不安がある精神面から、失敗につながる場合が多いです。共通している事は、独立をしっかりとサポートしてくれるエージェントとの情報共有が円滑に行われていないと言えるでしょう。

フリーエンジニアとして失敗しないコツ

フリーになった場合は、サポートしてくれるコーディネーターとしっかりと連携して行く事が大切です。しっかりとサポートしてくれるエージェントを選ぶための”見る目”も大切です。
一方で、将来のことを考えて、キャリアやスキルを身につけるために働いている会社に留まるという事も、現時点ではリスクを背負わないので成功に導く一つの方法といえるかもしれません。独立を考える時は、独立の時期や、会社に残る事のメリットなどを自分で考える事が大切です。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.