失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

失敗しない方法?フリーエンジニアとして成功するために知っておきたいこと

フリーエンジニアとして失敗しないために

独立して失敗したらどうしよう、という不安感からフリーエンジニアになれずにいる人は多いと思います。「フリーエンジニアになれば自由な働き方で自分らしい生き方ができて、収入も会社員の2倍!」などという、いい話も多々ありますが、それはフリーエンジニアとして成功している人の話です。その一方では、独立に失敗している人が多いのも事実です。失敗する人と成功する人の違いは、どこにあるのでしょうか。独立に失敗してしまう人にはいくつかの共通点があります。失敗要因から、成功するために必要な要素やポイントが見えてきます。

失敗するフリーエンジニアの共通点

失敗するフリーエンジニアの共通点 フリーエンジニアとして独立した人が失敗する原因としては、将来の理想と現実が食い違う場合が多いようです。実際に独立して仕事をしてみても、労働時間や待遇などの条件が理想とはかけ離れている事に気がついて、フリーランスを諦めてしまうということが失敗の典型的な例です。また、仕事が無くなるなどで生じる精神的なプレッシャーに勝てなかったり、確定申告を行うのが面倒だという理由で失敗する人もいます。一方で、提携しているエージェントと十分にコミュニケーションが取れなくて、仕事の段取りが上手くいかない人も多いです。独立する前に将来を見据えて会社に留まったり、独立してからもエージェントとの適切な交渉を続ける事が大事です。

日本のエンジニアはなぜ失敗を恐れるのか

日本のエンジニアはなぜ失敗を恐れるのか エンジニアの仕事で失敗した場合、昔からの風潮によって、ネガティブな思考に陥ってしまう人も少なくないです。人間の人生においては、サクセスストーリーばかりが続く事は有り得ないという事も視野に入れておきます。仕事も人生の一環で、失敗をした場合に別の方法で対処し、成功に導けると思い描く人も多いです。しかし、実際には多くの失敗を積み重ねれば、なぜ上手くいかなかったのかと原因を追究でき、成功へ導くポイントがわかってくるというポジティブさで挑戦する事が大切です。重要な事は、失敗した原因をしっかり見つめ直して、成功への改善策を練ることです。

フリーエンジニアは強気であるべき理由

フリーエンジニアは強気であるべき理由 フリーエンジニアを目指す人が気になることのひとつに、どんな人ならフリーになっても成功するのかということがあるでしょう。フリーエンジニアに必要なのは、経験や才能、営業力といったことではなく、常に強気でいられるか、根本的に自分に自信があるかということです。自分が常に強気でいわれるか分からないという場合は、もし今のスキルや職を失ったらどんな気持ちになるか考えてみると良いでしょう。失敗した経験を活かして成長出来るような強い心を持った人=強気な人ならば、フリーエンジニアとしてもやっていくことができるはずです。

10人中9人が「独立」に失敗する理由

10人中9人が「独立」に失敗する理由 フリーランスのITエンジニアが10年後にも生き残っている確率は10分の1です。これだけ低い数字なのは、独立に不可欠な人脈を育てて広げる努力がいかに大切かという視点を欠いたまま独立してしまうからです。サラリーマンであれば決められたタスクを処理することで評価されますが、独立すれば誰でも経営者です。そして経営は仕事を依頼されなければ始まりません。そこで必要になるのは人脈です。ITの技術やスキルが高いに越したことはありませんが、それよりも重要なのが、様々な人付き合いの中で人脈を育てて広げて行く努力をし続けることなのです。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.