失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

資金がつきれば終了。フリーエンジニアの資金繰りに関する失敗

フリーエンジニアの資金繰りでの失敗

捕らぬ狸の皮算用、と他人の夢想を笑うのは結構なことですが、フリーエンジニアを夢見る時に誰しも思い描くのは、次々と仕事を受注して自分の思うまま腕を振るう未来でしょう。しかし独立してもサラリーマン時代のように仕事が追いかけて来てくれる訳ではありません。

Pocket
LINEで送る

見落としがちな空白期間

もちろんサラリーマンのように月に一度は必ず会社から給与が支払われる訳ではないことは、誰でもわかっています。しかし想像するのと経験するのとではまるで違います。フリーランスになれば、受託業務の場合には、納品しても入金となるのが大抵2か月先のことになります。独立するためにある程度まとまった金額を元手に用意しているでしょうが、そうでなくても最初の仕事を受注できるまでにあれこれ時間がかかります。その上、開発しながらお金が入らないという二重苦を過ごさなければならないのです。

継続するのは難しい

さて仕事が少しずつ入り始めても、まだまだ安心できません。というのは単発の仕事をこなすだけでは、次がいつあるのか予測が出来ず、収入はとても不安定です。やはりある程度の収入を定期的に見込めるようになるまでは、新規開発ばかりではなく運用や保守業務を受注して最低限の安定収入を確保するのも大事な選択肢になるでしょう。このように自分の独立に賭ける意気込みと、顧客が望むものとの間には少なからずギャップがあるものです。そこに気が付いて、両者をどう擦り合わせるか、を冷静に考えられるようになることで、必要な人脈をどこに求めなければならないのか、といった現実的な経営戦略を導き出すことができるでしょう。もっともそれを実践できるまで、運良く手元の資金が持ちこたえてくれれば、の話です。

金策は経営者の仕事

このように独立するということは、毎日毎日お金に悩むということに他なりません。サラリーマン時代にはこのような経営者の苦労など知る由もありませんし、社内でプロジェクトを進めるにしても、予算を獲得するために知恵を絞るという場面はあまりないかもしれません。しかし商品として売る以上どんな仕事にも対価があり、それは顧客が消費と引き換えに支払うものです。つまり自分が提供しようと思う商品にどれだけの市場規模があり、どれだけの消費を見込めるのか、すなわちどれだけの市場価値があるのかという点が、独立しても困らないだけの収入を得られる道を探す重要な指標になるのです。ここでエンジニアの誇る技術そのものを商品として考えると、業務委託や受託開発という形で受注することになりますが、これは工数単位で自らを切り売りする労働集約型といえます。収入を得るために働き続けると、営業に出る時間も無いくらい忙しく、従って技術から生み出す商品を提供するという形で仕事を受注することが難しくなってしまうのです。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.