失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

失敗を他人のせいにする癖がある人は向いていないかも?フリーエンジニアの覚悟

フリーエンジニアになる前に覚悟すること

フリーエンジニアを目指すことを決心した時に、避けて通れない事は現在において在職している職場を去る事です。フリーエンジニアとして独立するための最初のハードルとして、勇気を持って退職する意志を会社に伝える事です。

Pocket
LINEで送る

フリーエンジニアの道を決めた時に覚悟する事とは

フリーエンジニアとして独立する事を決めた時に、その時点において勤務している職場の上司などから、退職に関する引き止めを受ける可能性がある事を覚悟しましょう。特に会社にとって有能な人材であればあるほど、退職する場合の引き止めの可能性は高くなります。
一般的な事務員などの職務についていた社員は、独立などのために退職しても他の人の代用が効きます。しかし、エンジニアなどの職務に従事していた人は、技術性の高さや業務経験の長さがあるので、退職してしまっては会社が困ってしまいます。従って、フリーエンジニアを目指すシステムエンジニアは、退職の引き止めにあう可能性が高いです。
しかし、重要な事としては自分の道は自分で決めるという覚悟を持つ事です。会社のために貢献した事は、フリーエンジニアとして役に立つと見切る事も重要です。引き止められたとしても、会社の言いなりで会社に残留した場合、結果的に独立心がさらに高くなってしまう傾向があります。長期的な目線に立って見ると、会社に残留した時にデメリットの部分が大きくなります。フリーエンジニアになる事は、会社に迷惑を掛けるという部分もありますが、自分の人生のためのフリーランスを選択する事も重要です。

フリーエンジニアになる場合の注意点

フリーエンジニアになると決めた時に、あなたが正社員として勤めている場合は、法律に基づいて退職日の2週間前までに、直属の上司に退職の意志を伝えなければなりません。しかし、エンジニアという技術職という性質から、後釜のことを考えて遅くても4週間前には退職の意志を伝えることが原則となっているようです。退職予定日の3ヶ月ほど前から退職の意思を伝えると、余裕を持って会社も退職の手続きを組めます。
退職の意志を伝える相手は、基本的にいつもお世話になっている部署の上司です。退職の意志を伝える相手は、自分の働いている立場によって変化します。基本的には、社長や部長などの上の役職の人に伝える事になります。
フリーエンジニアになることを前提として会社の退職を考えている場合、能力次第では上司の引き止めに合ってしまう場合があっても、あくまでも会社の都合なので、基本的には自分の意志を貫く事が大切です。

失敗も成功も自己責任として受け入れる

独立を果たしたとしても、必ずしも失敗を防げない場合がある事を覚悟します。フリーエンジニア向けのコーディネーターを探すなどで対策をとり、独立を成功に導けるように努力する事も大切です。フリーエンジニアとして働く上では、失敗も成功もすべて自己責任として受け入れていく覚悟が必要です。失敗を他人のせいにしたり、責任を押し付けたりするようなタイプの人はフリーエンジニアには向いていないといえるでしょう。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.