失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

収入面や待遇面でのフリーエンジニアのメリット、デメリット

フリーエンジニアのメリット、デメリット

会社の傘下から外れたフリーエンジニアは、会社から独立して自由自在に仕事を展開できます。一方で、正社員からフリーエンジニアになる場合、収入や保険などを自分で管理しなければならないので、厳しい世界が待っていることを肝に銘じなければなりません。

Pocket
LINEで送る

フリーエンジニアとして独立する場合のメリット

会社の雇用関係から外れてフリーランスになると、仕事の能力としての評価が収入に反映され、成果を出せば、少なくとも60万円の月収が期待できます。技術力が優れていたり、経営やビジネスの能力が秀でていれば、100万円以上の月収も期待できます。
フリーエンジニアの仕事のシステムとしては、自営業と似ています。基本的には自分で仕事を獲得し、売上を大きく出して、経費を削減できれば、正社員で雇用されていた時よりも大幅な収入増が見込めます。会社員である場合は、原則的に会社の指示で仕事を行うので、会社の指示に従わないと仕事を継続できません。結果的に、会社に従わないと解雇されることもあるので収入が途絶えてしまいます。しかし、フリーエンジニアの場合は、基本的に仕事の進捗や計画などは自分で決められるので、自由度は大きいです。自分の決めた通りに仕事を自由に進行して、大きな収入を得られる能力があるならば、正社員として雇われるよりも、フリーエンジニアの方がはるかにメリットが大きいです。
税金の部分に関しては、パソコンなどの必要な備品を経費に入れることができるようになっているので節税が出来ます。また、空いている時間は自由に副業ができることもメリットです。

フリーエンジニアとして独立した時のデメリット

フリーエンジニアの仕事では、自分で仕事の計画を展開しても、仕事がない時は結果的に収入が途切れてしまう事が最大のデメリットと言えるでしょう。1ヶ月単位で仕事の計画などを展開していくので、遅くとも月末ぐらいまでは案件の終了に関する状況が分かります。しかし、案件が終了になっても、次の案件を見つけない限り全く収入を得る事ができないです。
また、正社員として受けていた時の社会保険などの福利厚生がなくなってしまう事もデメリットでしょう。従って、基本的には国民年金や国民健康保険などの国の保険に加入して、自分で保険料を捻出しなければならないです。何かあった時のために、民間の様々な保険に加入しておく事をお勧めします。
フリーエンジニアになると、税金などの確定申告などは自分自身で行わなければなりません。また、仕事を受注するための営業活動や、帳簿の記入なども一括して自分で行う必要があります。フリーエンジニアとして独立する時に、自分で仕事を管理できなかったり、多くの案件を受注出来なければ失敗に終わる可能性が高い事も覚悟しておきましょう。
フリーエンジニアの多くは、人脈やパイプを通じて仕事を受注したり、IT専門のエージェントなどを通じて案件を紹介してもらったりしながら、仕事をつなげている人が多いようです。以下のサイトでは、常に数多くのエンジニア向け案件が掲載されていますので、独立後に自分がどのような案件を受注できるか具体的にイメージするための参考にするのも良いと思いますし、どのようなエージェント、コーディネーターなのかもチェックしてみると良いでしょう。ITエンジニア・Webエンジニアの案件情報はこちら!

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.