失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

すべてが自己責任になるという覚悟が必要。フリーエンジニアになる心構え

フリーエンジニアとして独立するには

サラリーマンとして働きながら、システムエンジニアとして起業したい、独立したいという夢をみる人は多いようです。しかし、会社という枠から外れてフリーになるためには、想像以上の困難が待ち受けているようです。

Pocket
LINEで送る

フリーランスになりたいと考える人

フリーのシステムエンジニアになりたいと考える人とはどのような人でしょうか。おそらくは今現在、どこかの企業に所属し、サラリーマンとして働いている人でしょう。そして彼らは、フリーエンジニアについて「自由である」「収入が今よりずっと多くなる」「楽に仕事ができる」と考えているように思います。確かに成功している人の中には、そういった生活をしている人もいるのかもしれません。しかし、フリーエンジニアを目指した人の中には、失敗して無一文になるような人だって少なくはないのです。
サラリーマンの考える「自由」とは、自分のやりたい方法で、やりたい仕事を自分の裁量でやるということでしょう。単価の大きな仕事がどんどん勝手に入ってきて、気づけば貯金がたくさん、というような考えなのかもしれません。
しかし、フリーランスになった瞬間に、まずは仕事をとるということが大変難しくなります。会社にいる間、あなたが担当していた仕事は、○○社のあなたに対してお願いされたものであり、その信用を作ってきたのは○○社です。決して、あなた個人の技術や信頼性を頼っていたわけではありません。
会社の作ってきた信頼ではなく、あなたがイチから取引先に信用されるように努力する必要があるのです。信用ができるまでは、時には割に合わないような仕事や、やりたくない仕事をしなければならないこともあるでしょう。それでも投げ出すわけにはいかないのです。あなたが休みを取れば給料がなくなる。それがフリーランスで働くということなのです。

フリーランスに向いている人

サラリーマンとフリーエンジニアの大きな違いのひとつは、フリーで仕事をする場合、仕事上のすべての責任を自分で負わなければならないということです。
会社に所属しているサラリーマンであれば、例えば1,000万円という多額の損害を出したとしても、それをあなたが弁済する必要はありません。上司に怒られたり、始末書を書かないといけなくなったり、あなたの査定が下がり、給料が減ったりすることはあっても、1,000万円すべてがあなたの給料から引かれるわけではないのです。たとえ失敗をしても会社が最終的な責任を負ってくれるという状態で仕事ができる、という非常に恵まれた存在がサラリーマンというものなのです。
つまり、フリーエンジニアとして働くのに向いているのは、たとえすぐに成果を上げることができずとも、黙々と技術と信用を積み重ね、仕事としての成功を信じて努力できる人だと言えるでしょう。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.