失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

まずは知りたい、フリーエンジニアになるということ

フリーエンジニアになるとはどういうことか

ひとつの会社に縛られず、スキルをいかして自分の力で仕事を選び、働いた分だけの報酬を稼ぐ、フリーランスという働き方。もっと自由に自分らしく働きたいというエンジニアの間で、フリーエンジニアという生き方を選ぶ人が増えているようです。そんなフリーエンジニアに惹かれながらも、会社員という安定を手放すことへの不安などから一歩を踏み出せずにいる人も多数いると思います。ひとまず、フリーエンジニアになるとはどういうことなのかを考えてみましょう。

フリーエンジニアとして独立するには

フリーエンジニアとして独立するには サラリーマンとして働いている人が、独立してフリーエンジニアになることに憧れる傾向があるようです。しかし、フリーになるということは思った以上に困難であり、なりたいと考える人が思うような自由で高収入で楽な生活ができるわけではありません。そもそも仕事をもらうためにはイチから信用を積み上げる必要がありますし、損害を出せばすべて自分がかぶることになります。仕事上の責任はすべて自分が負わなければならないのです。そのように成果が出ない、したくない仕事をしなければならないような場合でも、ひたむきに努力できる人間であれば、フリーエンジニアには向いていると言えるでしょう。

フリーエンジニアになる前に覚悟すること

フリーエンジニアになる前に覚悟すること フリーエンジニアと決めた時に覚悟する場面として、正社員として勤めている時に、きちんと直属の上司に退職の意志を伝えられるかどうかです。フリーとして働く事を決めた場合に、退職の引き止めを恐れない事が重要です。できれば早めに退職の意思表示を上司に伝えて、早めにフリーエンジニアに向けた準備をする事が大切です。早めに退職を伝えると、フリーエンジニアに向けて退職までの残り時間を計画的に過ごせます。独立しても、必ずしも成功するとは限らないので、フリーになる前から頼りになるコーディネーターを探すなどの対策を行いましょう。

フリーエンジニアのメリット、デメリット

フリーエンジニアのメリット、デメリット フリーエンジニアとして独立する時、仕事におけるビジネスの能力やスキルが高ければ、周囲の評価が大きくなります。周囲の評価が高いと、仕事の受注が増えて、収入が大きくなる事がメリットです。また、会社の雇用関係から外れて自由に仕事が出来る事によって、自分で好きなように仕事を管理できる事も良い点です。節税が出来たり、副業が出来るなどのメリットがあって、自由度が高いです。デメリットとして、仕事が受注できない時は収入が途絶える事です。また、保険などの手続きなども自分で行わなければらないです。仕事を管理できなければ、フリーエンジニアとして失敗に終わる場合もあります。

各テーマ一覧

失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー

Copyright © 2014 失敗を成功に変えるフリーエンジニアギャラリー All Rights Reserved.